ロゴ
下関観光ガイドブック WEB版

住吉神社 すみよしじんじゃ

新羅から凱旋した神功皇后が住吉三神を把ったとされ(「日本書紀」巻9)、「長門図一の宮」として古くから篤い信仰を寄せられてきました。全国でも珍しい九間社流造の本殿(国宝)は、応安3年(1370)に大内弘世が造営したもので、室町時代初期の面影をほぼ完全な形で残す貴重な建物です。檜皮葺きの拝殿(国指定重要文化財)は天文8年(1539)に毛利元就が寄進したもの。銅鐘、金銅牡丹唐草透唐鞍など、数々の重要文化財も、歴史と社格をしのばせます。平成29年10月27日「唐門・透塀」と「楼門」が国の登録有形文化財に指定されました。

吉見・吉母・安岡・綾羅木/新下関

その他の画像

基本情報

交通案内 JR新下関駅からバス3分「一の宮」下車、徒歩5分
電話番号 083-256-2656

アクセス

recommendアイコン
recommendテキスト

このスポット周辺のおすすめ

  • 蓋井島

    吉見の沖合約6km、響灘に浮かぶ人口約100人、漁業を中心とした島です。7年目ごとの11月に4日間にわたって行われる「山ノ神神事」があります…

    詳しく見る
    詳しく見る
  • 下関市立考古博物館

    西日本屈指の弥生時代の造跡として知られる史跡綾羅木鄉遺跡に隣接。弥生人の暮らしや、中国や朝鮮半島との交流を示す資料などを分かりやすく展示して…

    詳しく見る
    詳しく見る
  • 愛新覚羅社

    中山神社の境内にあり、中国清朝最後の皇帝・溥儀の弟、愛新覚羅溥傑と妻・浩、長女・慧生を祀っています。

    詳しく見る
    詳しく見る