ロゴ
下関観光ガイドブック WEB版

本陣伊藤邸跡 ほんじんいとうていあと

坂本龍馬活動の拠点「自然堂(じねんどう)」

下関を代表する旧家で、江戸時代には下関の東の本陣を務めました。シーボルトや吉田松陰らとの親交や、坂本龍馬が邸内の一室を「自然堂」と称し、妻·おりょうを呼び寄せて逗留したことでも知られます。

唐戸エリア

基本情報

交通案内 JR下関駅からバス9分「赤間神宮前」下車、徒歩3分

アクセス

ぶちプチコラムアイコン

ぶちプチコラム

  • 「下関に帰る」という龍馬の心情

    明治維新の主役の一人、坂本龍馬が初めて下関に登場するのは文久2年(1862)。その後、慶応2年(1866)薩長同盟の成立という大仕事を成し遂げた。高杉晋作や三吉慎蔵とも深い結びつきをもち、慶応3年(1867)下関を活動の拠点とするべく本陣伊藤家に長崎から妻・お龍(りょう)を迎えました。このころの龍馬の手紙には「下関に行く」ではなく、「下関に帰る」とあり、下関への心情がうかがわれます。

recommendアイコン
recommendテキスト

このスポット周辺のおすすめ

  • 史蹟春帆楼

    日清講和条約が締結された会場であり、「フグ食用禁止令」を伊藤博文が解禁した「ふぐ料理」の公許第1号店でもあります。「春帆楼」の名も伊藤博文の…

    詳しく見る
    詳しく見る
  • 唐戸市場

    下関はもちろん、北九州の食のプロも通う卸売市場。小売りも行っており、一般の人も新鮮な食材を安く手に入れることが出来ます。 金・土(10:0…

    詳しく見る
    詳しく見る
  • 上山文英堂本店跡

    みすゞが一時住んでいた場所で、終焉の地でもあります。 「金子みすゞ詩の小径」スポット

    詳しく見る
    詳しく見る