ロゴ
下関観光ガイドブック WEB版

瀬崎陽の公園 せさきあかりのこうえん

J

本州から角島に渡ってすぐ左手にある公園です。かつて島の岬にあった燈明台のあかり(陽)が、付近を航行する船の安全を守ったという伝説からこの名前が付けられました。角島大橋のたもとにあり、橋と海士ケ瀬を一望でき、島内屈指のビュースポットです。

豊北・角島/豊浦

基本情報

交通案内 JR滝部駅(または特牛駅)からバス28分(または18分)「瀬崎」下車すぐ/下関I.Cから車で70分

アクセス

recommendアイコン
recommendテキスト

このスポット周辺のおすすめ

  • 梨の花

    4月中旬頃には白い梨の花で埋めつくされます。(花見は梨園の外からとなります。「豊田農業公園みのりの丘」からも見渡すことができます。)梨の花の…

    詳しく見る
    詳しく見る
  • 川棚のクスの森

    四方に広げた一本のクスの木が、まるで森のように見えることからこの名が付けられました。推定樹齢は1,000年以上、国の天然記念物です。平成29…

    詳しく見る
    詳しく見る
  • 角島大橋

    平成12年開通。通行料無料の離島架橋としては、日本屈指の長さ1780mを誇る。この角島大橋を渡ると、そこは北長門海岸国定公園の角島。貴重な自…

    詳しく見る
    詳しく見る