ロゴ
下関観光ガイドブック WEB版

高杉晋作終焉の地 たかすぎしんさくしゅうえんのち

A-5

病(肺結核)をおして小倉口の戦いを指揮した高杉晋作は、慶応3年(1867)4月14日、27歳8カ月の短くも激しい生涯を閉じました。

下関駅周辺

基本情報

交通案内 JR下関駅からバス4分「厳島神社前」下車、徒歩2分

アクセス

ゆかりの人物アイコン

ゆかりの人物

  • 動けば雷電の如く 発すれば風雨の如し
    高杉晋作
    たかすぎしんさく
    1839-1867

    萩城下に生まれ、松下村塾に学び、幕末の最強軍団・奇兵隊を創設。長府功山寺の挙兵を機に長州藩を討幕運動の主役へと導きますが、維新実現を目前に没しました。

recommendアイコン
recommendテキスト

このスポット周辺のおすすめ

  • JR下関駅ビルripie

    下関の玄関口に位置する複合ショッピングセンター。ファッションやカフェ、ドラッグストアなどの店舗が入っています。

    詳しく見る
    詳しく見る
  • 御旅所

    安徳天皇のご遺体が中島家によって引き上げられた際、ひとまず安置された場所。

    詳しく見る
    詳しく見る
  • A-15
    ひょうたん井戸

    ある日長府藩士らの夜襲をうけた晋作はこの井戸の中に身を隠し、丸一日潜伏。これがもとで体をこわしたと伝えられる。(個人の敷地付近ですのでご注意…

    詳しく見る
    詳しく見る