ロゴ
下関観光ガイドブック WEB版

みもすそ川公園 みもすそかわこうえん

公園前に広がる海は関門海峡の一番狭まったところで「早覇の瀬戸」といわれ、潮の流れが速く、潮流の変化が激しい海の難所。壇之浦古戦場を一望出来るこの場所は、『今ぞ知る 身もすそ川の 御ながれ 波の下にもみやこありとは』(長門本平家物語)という二位の尼辞世の歌から地名が生じたといわれ、当時を偲ぶ石碑や、歌碑があります。また、ここは幕末の攘夷戦で、外国船に砲撃した砲台跡でもあります。

火の山・壇之浦

その他の画像

基本情報

交通案内 JR下関駅からバス12分「御裳川(みもすそがわ)」下車すぐ
その他

歴史体感★紙芝居〈観覧無料〉
10:00~15:00、各回10分程度(観客が集まり次第開始)※観覧者には絵はがきプレゼント

 

アクセス

ゆかりの人物アイコン

ゆかりの人物

  • あの日本文学巨匠も・・・
    松本清張
    まつもとせいちょう
    1909-1992

    1歳から7歳までの幼少時代を下関で過ごしました。その様子が「半生の記」に描かれています。自宅跡付近のみもすそ川公園内に文学碑が建っています。

recommendアイコン
recommendテキスト

このスポット周辺のおすすめ

  • 関門橋(高速道路)

    全長1,068m、海面からの高さ61m。ときに10ノット(時速18km)を越す海峡の潮流をまたぐダイナミックな姿は、まさに関門のシンボルです…

    詳しく見る
    詳しく見る
  • 関門トンネル人道

    関門トンネルには、全長3461.4m、昭和33年3月9日に開通。下関側車道入り口は、約1.4km離れた場所にあり、ここ御裳川から対岸門司のめ…

    詳しく見る
    詳しく見る
  • 安徳天皇入水像の碑

    昭和45年に建立された備前焼の像です。像の姿は二位の尼が安徳天皇を抱いて入水しようとしている姿を表しています。

    詳しく見る
    詳しく見る