ロゴ
下関観光ガイドブック WEB版

六連島 むつれじま

古くはその島の形から「かに島」と呼ばれた島で、彦島の北西に浮かぶ。美しい六連島灯台と花の栽培で有名です。島内に立つ六連島灯台は、2020年国指定重要文化財となりました。連絡船が毎日運航しています。《所要時間:20分》 運賃/大人370円〈往復710円〉、小人(6〜12才未満)190円〈往復370円〉

下関駅周辺

基本情報

交通案内 JR下関駅から徒歩5分。竹崎渡船場より六連島渡船。
電話番号 083-261-1010(下関市渡船事務所)083-266-4636(六連島漁協)
ぶちプチコラムアイコン

ぶちプチコラム

  • 下関とうに

    古くはその島の形から「かに島」と呼ばれ、彦島の北西に浮かぶ六連島。いまでは全国どこでも作られている「ウニの瓶詰」は、この島の西教寺というお寺の蓬山和尚と外国船の船員達との酒宴の最中に偶然生まれたものです。船員が杯につごうとした洋酒を、誤ってウニの入った小鉢にこぼしてしまいました。船員は失礼を詫びましたが、それを食した住職はにこりと笑って相手の小鉢にもその酒を注ぎました。これがアルコール漬けウニの始まりといわれています。

recommendアイコン
recommendテキスト

このスポット周辺のおすすめ

  • A-4
    厳島神社

    平家一門が安芸の厳島神社の分霊をいただいて守護神として船中に祀っていましたが、壇ノ浦の合戦後、磯辺に漂着していた神霊を寿永4年(1185)に…

    詳しく見る
    詳しく見る
  • A-11
    下関港国際ターミナル

    韓国・釜山、中国・太倉との国際航路が発着する国際港湾都市・下関の海の玄関ロです。釜山へは1日1便、フェリーが就航しています。(太倉へは貨物の…

    詳しく見る
    詳しく見る
  • A-8
    光明寺

    高杉晋作と共に萩・松下村塾の双璧と称された久坂玄瑞が、後に奇兵隊の母体となった「光明寺党」と呼ばれる一団と寄宿したことで知られます。本堂の柱…

    詳しく見る
    詳しく見る