ロゴ
下関観光ガイドブック WEB版

妙青寺 みょうせいじ

川棚温泉の一番奥に行む妙青寺は、応永23年(1416)大内持盛によって創建されました。境内には川棚温泉に庵を結ぼうとした山頭火の句碑「涌いてあふれる中にねている」があります。また、行基作と伝えられる本尊観世音菩薩の他、本堂の裏には雪舟の作と伝えられる築庭があり、春には、桜、梅、つつじが咲き誇ります。

豊北・角島/豊浦

その他の画像

基本情報

交通案内 JR川棚温泉駅から車で3分
電話番号 083-772-0336
関連URL https://www.toyoura.net/charm/index.php?mode=dtl&id=fc490ca45c00b1249bbe3554a4fdf6fb&cid=3

アクセス

recommendアイコン
recommendテキスト

このスポット周辺のおすすめ

  • J
    室津海水浴場

    山陰側の豊浦町室津にある海水浴場。長く緩やかな孤を描く海岸線が魅力。
    キャンプ場/無
    マリンスポーツ可能なエリア/要相談…

    詳しく見る
    詳しく見る
  • 附野薬師 東山寺

    海士ヶ瀬を眼下に見る丘のうえに建っています。海士ヶ瀬で難破された弘法大師が航海の安全を祈願して建立したと伝えられ、本尊の薬師如来も大師の作で…

    詳しく見る
    詳しく見る
  • J
    瀬崎陽の公園

    本州から角島に渡ってすぐ左手にある公園です。かつて島の岬にあった燈明台のあかり(陽)が、付近を航行する船の安全を守ったという伝説からこの名前…

    詳しく見る
    詳しく見る