ロゴ
下関観光ガイドブック WEB版

川棚のクスの森 かわたなのくすのもり

四方に広げた一本のクスの木が、まるで森のように見えることからこの名が付けられました。推定樹齢は1,000年以上、国の天然記念物です。平成29年(2017年)夏、突然に枯れ始め多くの葉が落ち枯死の危機に瀕しましたが、最近では幹から青葉が生い茂るようになり、再生への命の力強さを感じさせます。地中の根部分を保護するために柵で囲われ養生措置がとられています。

豊北・角島/豊浦

その他の画像

基本情報

交通案内 下関1.Cから車で40分、 川棚温泉から車で10分
その他

【P】普21台、大2台、障2台

アクセス

recommendアイコン
recommendテキスト

このスポット周辺のおすすめ

  • 川棚温泉交流センター・川棚の杜

    川棚温泉を取り囲むなだらかな山なみに溶け込む不思議な外観は、建築家隈研吾氏の設計によるもの。川棚温泉・豊浦エリアの観光案内とともに、コルトー…

    詳しく見る
    詳しく見る
  • 鳴き砂ビーチうしろはま(海水浴場)

    山陰側の小串にある鳴き砂遠浅の海水浴場。水平線に沈む夕陽、星空は格別!キャンプにバーベキューなど賑やかに楽しめる。砂浴や五右衛門風呂を体験で…

    詳しく見る
    詳しく見る
  • J
    角島大浜海水浴場

    角島唯一のキャンプ場が整備されている海水浴場。南国のようなコバルトブルーの海で、その美しさに、毎年、近県各地からたくさんの人が海水浴にやって…

    詳しく見る
    詳しく見る