ロゴ
下関観光ガイドブック WEB版

川棚のクスの森 かわたなのくすのもり

四方に広げた一本のクスの木が、まるで森のように見えることからこの名が付けられました。推定樹齢は1,000年以上、国の天然記念物です。平成29年(2017年)夏、突然に枯れ始め多くの葉が落ち枯死の危機に瀕しましたが、最近では幹から青葉が生い茂るようになり、再生への命の力強さを感じさせます。地中の根部分を保護するために柵で囲われ養生措置がとられています。

豊北・角島/豊浦

その他の画像

基本情報

交通案内 下関1.Cから車で40分、 川棚温泉から車で10分
その他

【P】普21台、大2台、障2台

アクセス

recommendアイコン
recommendテキスト

このスポット周辺のおすすめ

  • 道の駅「北浦街道 豊北」

    本州最西端の道の駅。豊北町産の新鮮な魚介類をはじめ、野菜果物など豊北の海の幸から山の幸まで豊北町の旬を取り揃えて皆様をお待ちしています。北長…

    詳しく見る
    詳しく見る
  • J
    室津海水浴場

    細かい白砂が印象的。長門ブルーラインを一望するロケーションは歩いても楽しい。
    海開き日/
    キャンプ場/無し
    マ…

    詳しく見る
    詳しく見る
  • A-1
    ホワイトビーチ島戸 (旧島戸海水浴場)

    辺り一帯は北長門海岸国定公園に指定され、美しい海岸線に位置する海水浴場。角島大橋を目前に泳ぐことができます。
    海開き/

    詳しく見る
    詳しく見る