ロゴ
下関観光ガイドブック WEB版

常関寺と十六羅漢 じょうかんじとじゅうろくらかん

寛永5年(1628)、領主山内広通により建立。幕末期、奇兵隊の病院が置かれたところで、隊士6名の墓があります。本堂の背後に釈迦如米を中心に左右に文殊・普賢の二菩薩があり、そのまわりに表情豊かな16の羅漢像が並んでいます。

吉田

その他の画像

基本情報

交通案内 JR小月駅からバス16分「宗地」下車、徒歩30分

アクセス

recommendアイコン
recommendテキスト

このスポット周辺のおすすめ

  • 東行庵

    高杉晋作は遺言によって奇兵隊の陣屋があった吉田の清水山に葬られました。その晋作の菩提を弔うために、愛人・おうのは梅処尼となって庵を結び、生涯…

    詳しく見る
    詳しく見る
  • 晋作の湯

    東行庵のすぐそばにある天然ラドン温泉。リウマチ、動脈硬化症などによいといわれます。

    詳しく見る
    詳しく見る
  • 御茶屋跡

    参勤交代のとき、諸大名の宿泊所となる建物が「御茶屋」です。幕末には、宰判勘場とともに奇兵隊の屯所として利用されました。

    詳しく見る
    詳しく見る