ロゴ
下関観光ガイドブック WEB版

法専寺と首切六地蔵 ほうせんじとくびきりろくじぞう

陣屋ができるまで奇兵隊の屯所のひとつとして使用された寺です。境内には隊士たちが首を切ったと伝わる六地蔵などがあります。

吉田

基本情報

交通案内 JR小月駅からバス16分「宗地」下車、徒歩20分

アクセス

recommendアイコン
recommendテキスト

このスポット周辺のおすすめ

  • 常関寺と十六羅漢

    寛永5年(1628)、領主山内広通により建立。幕末期、奇兵隊の病院が置かれたところで、隊士6名の墓があります。本堂の背後に釈迦如米を中心に左…

    詳しく見る
    詳しく見る
  • 奇兵隊陣屋跡

    慶応元年(1865)に拠点を吉田に移した奇兵隊が、慶応3年(1867) 8月から明治2年(1869)11月の解散まで陣屋(本陣)を置いたとこ…

    詳しく見る
    詳しく見る
  • 下関市立東行記念館

    晋作の遺品、遺墨、吉田松陰の獄中書簡、奇兵隊旗などの史料数百点を収蔵・展示しています。

    詳しく見る
    詳しく見る