ロゴ
下関観光ガイドブック WEB版

蓋井島 ふたおいじま

吉見の沖合約6km、響灘に浮かぶ人口約100人、漁業を中心とした島です。7年目ごとの11月に4日間にわたって行われる「山ノ神神事」があります。「山ノ神」の森は国の重要有形民俗文化財。

吉見・吉母・安岡・綾羅木/新下関

その他の画像

基本情報

交通案内 吉見港から連絡船で40分
電話番号 083-261-1010(下関市渡船事務所)
その他

料金:連絡船(片道)/大人630円 小人(6~12才未満)320円

アクセス

ぶちプチコラムアイコン

ぶちプチコラム

  • 蓋井島にエミュー牧場誕生

    「エミュー」はダチョウに似た飛べない鳥。欧米では低脂肪でヘルシーな肉質に注目が集まっています。蓋井島の海の男たちが平成14年から飼育を始めたのがこのエミュー。島再生の夢を乗せて、休耕田を利用した牧場で元気に成長中です。

recommendアイコン
recommendテキスト

このスポット周辺のおすすめ

  • 中山神社

    幕末期、急進派の公卿として活躍した中山忠光を祭神とする神社。忠光は明治天皇の叔父にあたり、元治元年(1864)、長州藩の俗論党によって田耕村…

    詳しく見る
    詳しく見る
  • 住吉神社

    新羅から凱旋した神功皇后が住吉三神を把ったとされ(「日本書紀」巻9)、「長門図一の宮」として古くから篤い信仰を寄せられてきました。全国でも珍…

    詳しく見る
    詳しく見る
  • 下関市立考古博物館

    西日本屈指の弥生時代の造跡として知られる史跡綾羅木鄉遺跡に隣接。弥生人の暮らしや、中国や朝鮮半島との交流を示す資料などを分かりやすく展示して…

    詳しく見る
    詳しく見る