ロゴ
下関観光ガイドブック WEB版

厳島神社 いつくしまじんじゃ

A-4

平家一門が安芸の厳島神社の分霊をいただいて守護神として船中に祀っていましたが、壇ノ浦の合戦後、磯辺に漂着していた神霊を寿永4年(1185)に社殿を建立し、祀ったのにはじまるといわれています。境内には慶応2年(1866)小倉戦争に勝った戦利品として、奇兵隊が小倉城から持ち帰った大太鼓が保管されています。なお、この大太鼓は童謡詩人金子みすゞの詩「あけがたの花」にも登場します。

下関駅周辺

基本情報

交通案内 JR下関駅からバス4分「厳島神社前」下車、徒歩2分

アクセス

recommendアイコン
recommendテキスト

このスポット周辺のおすすめ

  • A-8
    光明寺

    高杉晋作と共に萩・松下村塾の双璧と称された久坂玄瑞が、後に奇兵隊の母体となった「光明寺党」と呼ばれる一団と寄宿したことで知られます。本堂の柱…

    詳しく見る
    詳しく見る
  • 六連島

    日本遺産【六連島灯台】
    古くはその島の形から「かに島」と呼ばれた島で、彦島の北西に浮かぶ。美しい六連島灯台と花の栽培で有名です。島内に…

    詳しく見る
    詳しく見る
  • A-2
    シーモール下関

    大丸(令和2年3月リニューアル)やシーモールといった専門店街のほか、大型スーパーやドラッグストア、そして映画館も隣接する山口県最大のショッピ…

    詳しく見る
    詳しく見る