ロゴ
下関観光ガイドブック WEB版

史跡勝山御殿跡 しせきかつやまごてんあと

文久3年(1863)長州藩が攘夷を決行し、関門海峡の外国船に砲撃を開始。長府藩主・毛利元周は、外国船の報復攻撃に備えて、海岸に近い串崎城麓の藩邸を離れ、覚苑寺に仮住まいします。そして、わずか5か月で急造した藩邸が勝山御殿です。元治元年(1864)2月に入城し、廃藩置県まで存続しました。

吉見・吉母・安岡・綾羅木/新下関

基本情報

交通案内 JR新下関駅からバス8分「田倉」下車、徒歩15分

アクセス

recommendアイコン
recommendテキスト

このスポット周辺のおすすめ

  • 本州最西端の地・毘沙ノ鼻

    北緯34度6分38秒、東経130度51分37秒。本州最西端の地。展望広場は日本海に沈む夕日を眺める絶景スポットです。

    詳しく見る
    詳しく見る
  • 住吉神社

    新羅から凱旋した神功皇后が住吉三神を把ったとされ(「日本書紀」巻9)、「長門図一の宮」として古くから篤い信仰を寄せられてきました。全国でも珍…

    詳しく見る
    詳しく見る
  • 蓋井島

    吉見の沖合約6km、響灘に浮かぶ人口約100人、漁業を中心とした島です。7年目ごとの11月に4日間にわたって行われる「山ノ神神事」があります…

    詳しく見る
    詳しく見る