ロゴ
下関観光ガイドブック WEB版

史跡勝山御殿跡 しせきかつやまごてんあと

文久3年(1863)長州藩が攘夷を決行し、関門海峡の外国船に砲撃を開始。長府藩主・毛利元周は、外国船の報復攻撃に備えて、海岸に近い串崎城麓の藩邸を離れ、覚苑寺に仮住まいします。そして、わずか5か月で急造した藩邸が勝山御殿です。元治元年(1864)2月に入城し、廃藩置県まで存続しました。

吉見・吉母・安岡・綾羅木/新下関

基本情報

交通案内 JR新下関駅からバス8分「田倉」下車、徒歩15分

アクセス

recommendアイコン
recommendテキスト

このスポット周辺のおすすめ

  • 中山神社

    幕末期、急進派の公卿として活躍した中山忠光を祭神とする神社。忠光は明治天皇の叔父にあたり、元治元年(1864)、長州藩の俗論党によって田耕村…

    詳しく見る
    詳しく見る
  • 深坂自然の森

    竜王山のふもとに位置する自然公園。約250haの広大な森の中に、キャンプ場、林間歩道、芝生広場、展望台などがあり、緑の中でのびのび過ごせます…

    詳しく見る
    詳しく見る
  • I
    吉母海水浴場

    遠浅で砂浜も美しい海水浴場。
    海開き日/
    キャンプ場/無
    マリンスポーツ可能なエリア/無
    バーベキュ…

    詳しく見る
    詳しく見る