ロゴ
下関観光ガイドブック WEB版

JR門司港駅 じぇーあーるもじこうえき

[日本遺産]

約6年にも渡る保存修理工事を経て、2019年にグランドオープン。ネオ・ルネサンス様式を取り入れた駅舎は、1914年(大正3年)に創建、鉄道駅舎としては初めて国の重要文化財に指定された建物です。駅員の制服は、昔の制服をイメージした門司港駅オリジナルでレトロな雰囲気を演出しています。

門司港

基本情報

交通案内 「マリンゲートもじ」から徒歩3分

アクセス

recommendアイコン
recommendテキスト

このスポット周辺のおすすめ

  • 旧門司税関

    国際貿易港として華やかだった頃の面影を残す赤レンガ造りの建物。内部は資料展示コーナーやギャラリーとして活用されています。

    詳しく見る
    詳しく見る
  • 北九州銀行レトロライン「潮風号」

    門司港レトロ地区と和布刈地区を結ぶ観光トロッコ列車。(所要時間: 片道約10分)

    詳しく見る
    詳しく見る
  • 旧大阪商船

    八角形の塔が美しいこの建物は、大正6年(1917)に建てられた大阪商船門司支店を修復したもので、現在はギャラリーやホールとして活用されていま…

    詳しく見る
    詳しく見る